瀬戸内坂越の北前船活動4号(加賀)

瀬戸内坂越の北前船活動4号(加賀)

  2016年6月9日 

 

第17回北前船寄港地フォーラムIN加賀市に参加して

フォーラムの会場となった加賀市文化会館に入るとスーツに身を包んだ人たちが、やや重い雰囲気の中に座っていた。それもそのはずで、いただいた資料の参加者名簿を拝見すると、国土交通省事務次官観光庁次長、国土交通省大臣官房審議官、衆・参議員、JR西・東代表取締役、各寄港地の市長、副知事、県議、観光部長など、そうそうたるメンバーで、それに付随する制服組が会場を埋めていた。また観光庁長官がビデオメッセージを寄せるなど、行政に携わる人たちでつくるフォーラムといった印象であった。 

f:id:kitamae-bune:20170104060158p:plainf:id:kitamae-bune:20170104060339p:plain 

 

   このフォーラムが北前船寄港地を日本遺産を目的においていることを感じだ。 会長の作家石川好さんは挨拶で、日本海側をもっと明るい地域にしたいと話され、まだ発掘の余録を残す日本海側に観光に携わる人たちが熱い目を向けていた。 そこにはこれから押し寄せてくる外国人観光客を少しでも日本海側へ呼び寄せたいという切なる思いがあった。 フォーラムには32の地域の人たちが参加されていた これらの地域を結ぶネットワークを形成し、観光立国をめざすという今までにない壮大さをもった試みである。  その一席に北前船の寄港地である坂越、そこにある坂越のまち並みを創る会が参加できたことは大きな意義がある。

 

 坂越は北前船の寄港地の一つである。 なぜ日本遺産を目指すかというと、坂越の名前を広く、日本そして世界に発信することができるようになることです。各地域とネットワークを形成することができ、常に連絡を取り合うことができる。

そして、少子高齢化による地域の振興を考える、観光も重要なファクターの一つであることは間違いない。   

 これからの観光は・おもてなし心・心に残る出来事・スローライフ、といったキーワードが主軸を占めるようになる。 北前船が盛んに行き来した明治初頭のような賑わいが日本海の各所に見られるようになれば、自然と我が坂越も賑わいを取り戻すようになる。 そういう思いで赤穂への帰路についた。(寺井光秀).